食べ歩き必須!!京都でショッピングならここ、錦市場!!

京都にある錦市場の魅力を紹介します。
京都駅から徒歩30分、烏丸駅から徒歩10分圏内にあるのが”京都の台所”と呼ばれる錦市場です。
錦市場には、いくつもの魅力があります。

一つ目は、台所と言われる由縁です。ここには、プロの料理人から一般の人まで多くの人が買い物に訪れます。なぜなら、料理人までもをうならす質の高い生鮮食品を扱っていたり、観光客にはとてもうれしい京都らしいお総菜を売っていたりするからです。どんな人にも対応できる商店街だからこそ、”台所”と呼ばれるのではないでしょうか。

二つ目は、食欲をそそる食べ歩きフードがたくさんあるからです。この錦市場に入り込むと、地元の人、観光客など関係なく、何かしら食べている人がたくさんいます。見ていると、「あれは何だろう。」「すごくおいしそう。」「買ってみようか。」「行列になってるよ。」と声には出さなくとも、思ってしまうのも仕方のない状況がこの市場にはあります。この魅惑の食べ歩きゾーンでも有名なのは、『三木鶏卵』さんの『だし巻きたまご』です。3~4人の人が常に店先で玉子を焼いており、思わず見入ってしまい、”見て楽しい、食べておいしい”を体験できるお店です。
他にも、『カリカリ博士』さんの『たこ焼き』、『丸亀』さんの『かまぼこ・はんぺん・おでん』など、日本に生まれて良かったと改めて感じさせてもらえるものがたくさんあります。

三つ目は、この市場に勤める人たちの人柄です。何回か錦市場に足を運んでいますが、昔ながらの佇まいで「おこしやす。」「おおきに。」と歓迎と感謝をして下さいます。この気持ちが互いにうれしいからこそ、何度も行きたくなる場所なのかもしれません。

これらの「歴史」「味」「人」三拍子そろう京都の錦市場に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ