債務整理を行うと賃貸への引越しは難しくなるか

債務整理を行った方々は、たまに引越しを心配しています。なぜなら、今後の居住が難しくなるという考えがあるからです。
債務整理を行った時は、少なくともカードを作る事は難しくなるでしょう。それに加えて就職できる職業の制限なども生じますから、引越しに関する不安感が生じる事もあるのです
というのも引越し時には、入居審査を受ける事になります。しかし何せカードを作るのが難しい訳ですから、入居審査でも落とされるのではないかという思い込みがある訳です。
では実際に入居審査では落とされるかと言われれば、たまにそういう事はあります。ただし、保証会社にも左右されると考えて良いでしょう。
入居審査は、基本的にはどこか保証会社が行う事になります。具体的にどこの会社がそれを行うかにより、審査に通るかどうかも変わってくるのです。ですから会社次第とは言えるでしょう。
また、あまり厳しく審査が行われない賃貸物件も数多いです。いわゆるマンスリー物件などは、一応は審査は行われますが、それでも一般的な賃貸よりは通りやすいです。債務整理を行った方々でも、入居事例は多数あります。
要するに、債務整理を行っても入居できる可能性はある訳です。全ての賃貸物件で難しい訳ではありませんから、その点は安心です。
気になる場合は過払い金 ラジオ 無料相談センターの無料相談を活用してみて下さい。

自己破産の免責は確率100%ではない

自己破産という手続きのメリットは、債務の免責です。
お金を借りた時は、返済に関する責任が生じる事になります。いわゆる返済義務です。
ただ借りている方々からすると、その義務が非常に重く感じられる訳です。返済もスムーズに進まないので、現状の問題点を解決する為に、自己破産が行われる事はよくあります。
この場合、債務履行に関する免責が発生しているのです。つまり返済義務が、免除されている事になります。
ところで自己破産は、たまに例外的な事例が発生しているのです。手続きを行ったにもかかわらず、免責が発生しないという事例です。
というのも自己破産は、免責の成功率は100%ではありません。何らかの都合があって、失敗するケースもたまにあるのです。
現に自己破産に関する数字データもあって、免責の成功率は実に90%台なのです。100ではありません。「必ず」借金が免除されるとは限らない点は、要注意でしょう。
ちなみに成功率は、やはり相談する専門家のスキルに左右される一面があります。債務整理のノウハウが豊富な専門家などは、総じて成功率も高い傾向があるのです。ですから着実な免責を求めるなら、やはり債務整理の事務所はよく選ぶべきでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ