引越しが決まったらやること

引越しをすると決めたら、まずは業者選びからです。新築マンションで一斉入居の場合、取り仕切っている業者があります。何から何まで至れり尽くせりかもしれませんが、宣伝費をかけていたり、マンション内の養生など全てを請け負っているからか、かなり高額だったりします。絶対にそこを利用しないといけないということもないので、他の業者の見積もりもとってみましょう。

引越し業者が決まったらどんなコースにするか考えないといけません。梱包から引越し先での荷ほどきまで全てやって貰うというのもありますが、少しでもお得にという事であれば出来る事は自分たちでやりましょう。後日、段ボールは無料で貰えます。

引越しはかなりエネルギーを使いますので、少しずつできる所から箱詰めを開始します。食器類は、新居に到着したら全部割れていたという事もありえますので、一つずつ丁寧に新聞紙などで巻いて、箱の中でガサガサ動かないようピッチリ入れます。どんどん箱に詰めていき、引越しの直前は最低限生活に必要なものだけを残して詰めてしまいます。

新居に到着したら家具などを配置してもらい、段ボールをどんどん開けて行きます。一度には当日中にできないので、生活に必要最低限の物が揃ったら、後はボチボチやってください。役所への手続きなどもしなければならない事の一つです。このウェブサイトでも紹介されているので参考にして下さい。引越し業者だけではなく、ガスの開栓などやってもらう事になりますが、どさくさに紛れて招かざる客が上がり込んでしまう事があるので注意しまししょう。
一例をあげると水道の関連の業者のふりをして浄水器屋が勝手に水道周りを見に来たりする事もありました。何だか分からないものは必ず良く確認するようにして下さい。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ