一度は行っておきたいパワースポット、高千穂峡

高千穂峡は宮崎県臼杵郡高千穂町三田井にある、五ヶ瀬川にかかる渓谷です。
国の名勝、天然記念物にも指定されています。

年間約150万人が訪れる高千穂町を代表する観光スポット。
阿蘇熔岩が浸触されてできた渓谷で、高いところで100m、平均80mの断崖が7kmも続いています。

その断崖絶壁と上から落ちてくる水の迫力には圧巻されます。
緑色の静かな水面に、滝の水が落ちていく様子は大変美しく、美しい渓谷の緑と滝の中に、神様が隠れているかのような大変神秘的な空気に包まれています。

緑の美しい新緑の頃、また紅葉の秋が特におすすめです。
手漕ぎボート(有料)に乗って滝を間近で見る事ができます。
ボートに乗る前に、餌を買っていくと合鴨やイワナがなついているので、餌をまくととても面白い事になり、子供受け間違いなしです。

観光スポットに実際にいくと「たいした事なかった」と落胆する事があります。
しかし高千穂峡にいけばイメージしたまま、またはそれ以上の光景を見る事ができ、期待を裏切りません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ